岐阜市にあります山内ホスピタルは、地域の皆様に安心、安全な医療を提供致します。

  • HOME >
  • ドッグ・健診センター

ドッグ・健診センター

コースのご予約

人間ドックコースのご案内

基本コースは半日で終了する1日ドックと一泊二日の2日ドックがあります。

  • 1日ドックはAコースとBコースの2コースがあります。
  • 2日ドックは、消化器コース(胃内視鏡検査、注腸検査など)と生活習慣予防コース(頸動脈超音波、CTによる体脂肪測定、血圧脈波検査など)の2つのコースをご用意しております。

目的によりお選び下さい。ご不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧表はこちらからご覧下さい。

検査日の流れ

検査日の流れ

検査について

胃透視検査【胃透視検査】
胃癌は消化器病の中では大腸癌とともに多く、死因は第二位です。
しかし、早期胃癌であれば治癒可能であることが分かってきてから、健診の必要性が浸透し、早期発見率が増加し治療成績はめざましく向上しています。
この検査は、造影剤(バリウム)を飲んで、食道、胃、十二指腸へのバリウムの流れや通過の様子、各臓器の形や動き、粘膜の状態を見る検査で、上部消化管の機能や潰瘍、癌、ポリープなどの病変の診断に用います。

診察及び結果説明

診察及び結果説明医師による問診・診察を行います。
また検査結果の中で、血液検査の結果(一部)、安静時心電図検査の結果、日常生活の注意等を当日ご説明致します。
胸部レントゲン・胃透視検査・腹部超音波検査・眼底検査やオプション検査結果につきましては、複数の医師により検討を行いますので、後日報告をいたします。

保健指導

健診の結果により、今後の健康管理について専任の保健師が生活習慣やメタボ対策についてアドバイス、コンサルテングいたします。

オプション検査

ご希望によりさまざまなオプション検査を選択できます。ご不明な点はお問い合わせ下さい。

一覧表はこちらからご覧下さい。

マンモグラフィ・乳腺超音波検査
マンモグラフィ・乳腺超音波検査 近年、乳癌患者は増加傾向にあり、日本での乳癌による死亡率は年々高くなっています。
しかし、乳癌は、早期発見・治療により乳房の温存率を飛躍的に向上させることができます。
当院では、乳腺外科医(専門医)による触診と併せて受けていただきます。
安心して受けていただくために女性の放射線技師・検査技師による検査を行っています。
X線骨密度検査
X線骨密度検査 カルシウム不足から骨の密度が減少し、骨がスカスカになり折れやすくなる病気を骨粗鬆症といいます。
現在、寝たきりの方の原因で多くみられるのが骨粗鬆症による骨折なのです。
普段から骨密度を計って、自分の骨の状態をよく知っておくことが必要です。
椅子に座り片手を入れるだけで負担が少なく正確でスピーディーな検査ができます。
MRI検査 MRA・MRI
MRI検査 MRA・MRI MR検査は強力な磁石でできた筒の中に入り、磁気の力を利用して脳や血管の画像を立体的に映し出します。
脳梗塞や脳動脈瘤の有無などを見ることができます。使用する磁気は無害で体に感じるものではありません。
ただし、心臓ペースメーカーを装着している方や手術により金属を装着している方などは検査を受けることができません。
ご不明な点はお問い合わせください。
CT検査
CT検査 X線を使って身体の断面を撮影する検査です。
体内の様々な病巣を発見することができますが、特に心臓・大動脈・気管支・肺など胸部や肝臓、腎臓などの腹部の病変に関しては、優れた描出能が知られています。
血圧脈波検査
上肢(腕)と下肢(足首)に血圧測定のためのカフ(マンシェット)を巻き横になって検査をいたします。
検査時間は5分程度です。
上肢と下肢の血圧比と脈波伝搬速度から閉塞性動脈硬化の程度をみるもので、血管の状態が年齢相応かを判定します。
脈波伝搬速度は、心臓から押し出された血液により生じた拍動が血管を通じて手や足に届くまでの速度で、血管が硬いほどその速度は速くなります。また、足首と上腕の血圧の比を測定することによって血管の狭窄の程度がわかります。

フロア図

フロア図

ページトップ

社団医療法人かなめ会 山内ホスピタル

お電話でのお問い合わせ 058-276-2135