岐阜市にあります山内ホスピタルは、地域の皆様に安心、安全な医療を提供致します。

  • HOME >
  • 内視鏡検査

内視鏡検査

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査について

大腸内視鏡検査とは、肛門からカメラ(内視鏡)を挿入して大腸全体を観察する検査です。
腹痛や便通異常、出血、便潜血の原因となる、大腸がん、大腸ポリープ、炎症性腸疾患の診断を行います。
大腸ポリープについて内視鏡検査の際にポリープが見つかった場合には、この場で切除する場合があります。

このような方に大腸内視鏡検査をお受けになることをお勧めします

  • 健康診断の便潜血反応が陽性だった
  • 便が以前に比べて細くなった
  • 家系に大腸がんになった方がみえて心配である
  • 肛門若しくは便に血がついている
  • 便秘と下痢を繰り返している
  • 大腸ポリープを切除したことがある
  • 大腸がんの手術をしたことがある
  • 腹痛がよくおきる
  • 貧血気味である

大腸の走行や、手術によるゆ着のため疼痛がある場合には鎮静剤を使用します。
(苦しくない内視鏡検査)
※検査の最初から鎮静剤を使用する
 場合もあります。

【検査実績】当院では年間 約1,100 件(平成26 年度)の大腸内視鏡検査を行っています。
また、そのうち270 件の大腸ポリープ切除を行っています。

【検査の流れ】
検査前(3日前より)

◎食事について

消化の悪いもの、繊維の多いものは避けましょう(下記参照)
水分はできるだけ多く飲みましょう。

前日

夕食は午後8 時迄に済ませてください、お水・お茶を飲んでもかまいません。

◎お薬について(緩下剤)

夜9時頃に、錠剤2錠・水薬1本(水100mlに混ぜる)を飲んで下さい。

検査当日
  • 朝から絶食です。お水・お茶は飲んでもかまいません。
  • 指示された時間から下剤を飲み始めて下さい。下剤の服用が終了されましたら
    指示された時間に来院して下さい。(詳しい説明は事前にお話します。)

大腸内視鏡検査

検査が終わったら

鎮静剤を使用した場合は外来にて眠気やふらつきがなくなるまで、
2時間程度休んで頂きます。

検査結果は?

組織検査などの結果は、後日説明があります。

検査後の注意点!

検査後はお腹が張った感じがしますが、
ガスが出ると治ります。

検査費用について

検査のみ 1割 約1,200円 3割 約4,000円
細胞検査を行った場合 1割 約6,000円 3割 約18,000円
ポリープ切除(1日入院) 1割 約20,000円 3割 約50,000円

※内視鏡検査のみの料金です。 (初・再診料等別途)

【大腸ポリープ切除法】

内視鏡検査を行いポリープを認めた場合には同時に治療を行います。

ポリペクトミー

高周波スネアーを用いポリープを切除します


  • ループを目的の組織にかける

  • ループをしぼる

  • 通電させて切除

粘膜切除術

粘膜下層に生理食塩水を局注し病変を浮かせた後に高周波スネアーを用いてポリープを切除します


  • 生理食塩水を注入する

  • ループを反転してかける

  • 通電させて切除し、組織を回収する

ページトップ

社団医療法人かなめ会 山内ホスピタル

お電話でのお問い合わせ 058-276-2131