岐阜市にあります山内ホスピタルは、地域の皆様に安心、安全な医療を提供致します。

  • HOME >
  • 人工透析室

人工透析室

特色

定期的な検査で適切な人工透析

検査項目 回数 説明
胸部レントゲン 1回/2カ月 心胸比から余分な水がたまっていないか見ます。
採血 透析前後1回/月
透析前のみ1回/月
透析がうまくいっているか、生活習慣の管理と食事療法などで水分や塩分のコントロールができているか、健康状態はどうか
などを知ることができます。
骨塩定量 1回/年 骨の強度をみます。
心電図 1回/年 不整脈・狭心症などの有無や程度をみます。
腹部CT 1回/年 腎がんをはじめとする腫瘍などの早期発見のために行います。
ABI検査 1回/年 動脈硬化の程度や血管障害をみます。
その他、眼底・心臓超音波など、必要に応じて行い、合併症の早期発見に努めています。
・ 患者さまと相談しながら3~5時間の適切な透析時間を選択しています。
・ 1回あたりの患者数は、緊急時の対応をすばやく行える環境で透析を行っています。

kensa

チームで取り組む合併症対策

・ いつまでも自分の足で歩いて透析に通院していただくためにフットチェックを毎月1回行っています。
・ 足の爪切りや保湿とマッサージ、セルフケア指導を透析時間を利用して行なっております。
tsume

sougei02 ・全身管理を考え、積極的な検査・他科受診を行っています。
・適切なコントロールをしながら美味しく食事が出来るよう、管理栄養士による栄養指導を行っています。

細心の注意で安心・安全な透析を目指します

・ 透析室のフロアーごとにスタッフを配置し、いつも患者様を見守っています。
・ 毎回医師の回診を行っています。
・ 透析開始後は、患者様のところへ看護師・臨床工学技士がそれぞれに当日の透析条件・体調・機器設定の確認に伺います。

新入職員のみなさまへ02

ページトップ

社団医療法人かなめ会 山内ホスピタル

お電話でのお問い合わせ 058-276-2131